アクエリエル京都

ブログトップ

〜 生後間もなくからのうつ伏せ運動の仕方 〜


バランシングセラピーの個人セッションにいらっしゃることができないママからのリクエストにお応えして*
特別にお家でできる手技をのせますね!


c0029132_17245534.jpg

生後間もなくからのうつ伏せはママも慣れなくて大変です。
でも、ベビーちゃんにとっては、起きている時のうつ伏せ運動はとっても大切!
そして、ママがやってあげなければできない運動でもあります。

こんな風に太腿とお腹でベビーをはさむように、太腿にまたがせて
胸の前から両脇の下にママの腕を回し、もう片方の脇の下をしっかり持ちます。
c0029132_17245306.jpg
横から見ると、ベビーちゃんはほとんどお腹に体重がかかり、背中はママのお腹でしっかりサポートされています。

月齢の若いベビーには、背骨に自分の体重がかかってしまっても、支えられるだけの筋力はありません。
体重をかけてしまうのは避けましょう!
c0029132_17244837.jpg
うつ伏せ運動をするときには、クッションなどで傾斜をつけて、体重がお腹の方にかかるようにしてあげてください。
c0029132_17245087.jpg
そして大切なのは、肘が耳と同じ位置にきているくらい、しっかりと手を前に出すこと。
体重がお腹に移動していないければ、この姿勢はとても苦しいことになります。

傾斜と肘〜手首での支持がてきているような格好!
これが基本です。

生後間もなくはママのお腹の上で、ママが上体を45度くらいにして座り
その上にベビーを載せると丁度良い角度でしんどくなくできます。

生後1ヶ月からはこんな感じで、少なくとも一日トータル10分はやってくださいね*
とっても大切な運動です!!


また質問が来て気になることがあれば、こんなふうに載せていきます。
時々チェックしてみてくださいね!









[PR]
by aquarielkrm | 2017-12-14 17:43 | ベビー姿勢運動発達